忍者ブログ

猫日和

ひたすら猫に関してつづった日記
HOME  >    >  [PR]  >  未選択  >  猫2
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

猫2 

体の大きさはネコ科の他のほとんどの動物に比べて小さい。体重は2.5 - 7.5kgの範囲に収まるものが多い。大型のものでは、体長75cm、尾長40cm、肩高35cmに達する。 待ち伏せ型の捕食者としての能力に長け、そのためのさまざまな身体的特徴をもつ。体はきわめて柔軟であり、鋭い爪や牙、瞬発力をもつ。足音は非常に小さ く、体臭も少ない。イヌ科の動物と異なり、爪を自由に出し入れできる。平衡感覚が非常に優れている。

他のネコ科動物にも見られる「ゴロゴロ(purr)」 とのどを振動させて鳴らす音が、どのようなメカニズムによるものなのかは複数の説があり、いまだにはっきりとはわかっていない。「ゴロゴロ」という音は、 親子間のコミュニケーションにも用いられるが、骨折などの骨の損傷が治癒するのを早める効果があるという説もある。ヒトの場合も、超音波を用いた骨折の治 療法が研究されており、それと同じものであると考えられている。後述の「喉鳴らし」も参照。

眼が顔の前面にあり、眼による感情表現が多様であることから、共通の身体的特徴を持つ者として本能的に親近感を持つとも言われている。

体重2.5~7.5・・・以前体重9キロという猫をテレビで見ましたが、ディスプレイ越しですら
すごい迫力でした。
きっと実際に見たら圧倒される大きさなんでしょうね。
そういえば犬にはチワワとか豆芝とか超小型種類が存在しますが
猫はいないですよね。
犬に比べて品種改良の歴史がないのかもしれないですが
大人になっても子猫のようなままの猫なんて絶対かわいいと思います。
ただ、その実験のためにたくさんの猫たちの命が犠牲になるとしたら絶対反対ですが・・・

猫の魅力のひとつにあの甘えたときのごろごろというかくるくるというか
のどを鳴らすしぐさがありますよね。
のどをなでてるときとか気持ちよさそうに目を細めているときによく鳴らしますが
私はてっきり喜んでいるんだと思ってました。
・・・うーん、骨折?本当に関係あるんでしょうか。
本当だったら猫ってすごいですね。

PR
≪ 猫の能力HOME ≫

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Message
Color
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret  チェックすると管理人にのみ表示されます。

TRACKBACK

TrackbackURL:
≪ 猫の能力HOME ≫

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

Copyright © 猫日和 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]