忍者ブログ

猫日和

ひたすら猫に関してつづった日記
HOME  >    >  [PR]  >  未選択  >  スコティッシュフォールド
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スコティッシュフォールド 


スコティッシュフォールド(Scottish Fold)は、ネコの品種の一つ。 折りたたまれたような小さな耳が特徴で、スコットランドで発見された突然変異の個体から発生し、その後、アメリカでの繁殖プログラムにより品種として確定された。 短毛種と長毛種タイプ、折れ耳(Fold)と立ち耳(Straight)タイプがある。 すべてのスコティッシュフォールドは、1961年にスコットランドで見つかったスージーと呼ばれた、耳の折れた白いメスのイエネコの子孫である。 「スコティッシュ」という名前ではあるが、品種として猫血統登録団体に公認され確立されたのはアメリカでの繁殖プログラムによって健康な猫種として固定されて以降のことである。 繁殖プログラムが確立する以前は、折れ耳同士の交配によって生まれる子のほとんどが成長と共に骨瘤や心臓病、内臓疾患などを発症する為に一時は固定させるのは危険な品種ともされていたが、アメリカでの繁殖プログラムによってアメリカンショートヘア・ブリティッシュショートヘアと交雑され、遺伝子プールが広がり、立ち耳のスコティッシュフォールドが生まれ、折れ耳と立ち耳を交配することによって他の猫種のように健康な子猫を得る方法が確立したため、CFA、TICAなどの猫血統登録団体に公認されるようになった。 しかし、未だに故郷英国の猫血統登録団体では同型接合性障害のために猫種としてまだ公認はされていない。 繁殖プログラムとして、遺伝子プールを広げるためにアメリカンショートヘア・ブリティッシュショートヘアが使われたのは、発祥や体型、血統が近いためで、(アメリカンショートヘアはイギリスからの開拓民がアメリカに持ち込んだ猫が先祖とされており、ブリティッシュショートヘアはイギリスの土着猫であるので)現在でも、CFA、TICAなどの主な猫血統登録団体ではスコティッシュフォールドとこの2種との交雑を認めており、繁殖計画に定期的に導入する事を推奨している。 スコティッシュフォールドとこの2種どちらかとの組み合わせで生まれた子猫も、スコティッシュフォールド同士での子猫と同様に、立ち耳も含めてすべてスコティッシュフォールドとして血統登録されるが、それ以外の組み合わせで生まれた子猫は耳が折れていたり交配相手の品種の特徴を示していたとしても、猫血統登録団体では通常、どの血統猫の猫種としても登録されない。 一匹の猫が発祥でありながら短毛種と長毛種が存在するのは、全てのスコティッシュフォールドの始祖であるスージーが長毛の遺伝子を持っていた為であるが、繁殖プログラムに長毛の他品種の猫は組み込まれてはいないので、長毛種のスコティッシュフォールドは生まれる確率が低く、短毛種に比べると個体数はかなり少ない。
PR

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

Copyright © 猫日和 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]